*

小さな積み重ねで

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2017)


朝は、鳥栖の中学校でコンサート。
お揃いの真っ赤なTシャツを着た保護者のみなさん。
サガントスのユニフォームは、鮮やかな青とピンクだったような…なんで、赤なのかなぁと不思議だったが、あとから聞くとこの学校の卒業生に、広島カープの緒方監督がいらっしゃるということ。
真っ赤なTシャツは、カープのカラーだったのか!ガッツ赤ヘル、広島カープ!


校長先生は、もう3回もコンサートを聴いてくださっているとのこと。
次お会いするときまでに、少しでも進化していないと…。

子どもたち、すごく温かかった。
拍手も、まなざしも。「弓削田さん、素晴らしい学校は素晴らしい校長先生の雰囲気がそうさせるんですよ」と、よく聞かせてもらうことがあるが、今日のような大規模校で、こんなにまとまった子どもたちの姿は、感動ものだった。
岡山の、ある私立中学校も、そうだったが…。幸せな時間をいただいた。

お昼からは、締め切りが迫る、新しい企画のための音楽制作。
楽譜では表せないノリノリでゴキゲンな、ベーシストのギモトさんの演奏。
打ち込みの勉強にもなるし、充実のレコーディングタイムだった。
fbのライブ配信も試したが、もう少し、工夫して配信するべきだった。反省。

レコーディングが終わると、今度は楽譜を書き書き。

コンサート、レコーディング、譜面書き、と、
違う脳ミソにスイッチ切り替えながら、一日が音楽と共に終わっていく。

これでいいのだ。

こうして小さな音楽時間を積み重ねていったとき、きっと10年後には違う自分に出会えるのだ。

関連記事

no image

熱くないけど お茶、熱〜い。

2017年の後半戦2日目は、台湾のお茶屋のお兄さんの「熱くないけどお茶あつ〜い」というコピーから始ま

記事を読む

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」  詳細です。

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」 【日程】2018年

記事を読む

教育音楽(中高版)7月号に「越えてゆけ」の混声三部合唱ver.が掲載

教育音楽(中高版)7月号に 「越えてゆけ」の混声三部合唱の楽譜が掲載! 音取り音源は

記事を読む

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

ASKAさんの歌が聴こえてくる

僕の好きだった 「ようきんしゃったね」と 話しかけてくる看板が見当たらない 改装中の福岡空港。

記事を読む

fucchiEさんの手話歌

兵庫県加古川市にて 「手話歌」が印象的なフッチーさんと出会いました。 同じ福岡出身、同じ使用

記事を読む

ライアー 癒やしの音色

ライアーの音色が 20人の心を遠い国に誘って その音がなりやんだ時 大きな拍手がマリーを包んだ

記事を読む

ついたち、は気持ちいい

今日から2月ですね。 みなさんの街にも 新しいキリッとした空気が 流れていますでしょうか。

記事を読む

18歳の仲間たち

毎年、この時期に、母校の教育学部の一年生に授業をさせてもらっている。 呼んでくれるのは、角

記事を読む

ハチマキを巻いて

佐賀に帰って来た。 朝からパソコンに向かう。 東京で「この一週間、頭にハチマキ巻いて音楽に向かっ

記事を読む

PAGE TOP ↑