*

台湾3日目

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2017)


日本の通勤ラッシュを覚悟して、朝7:30に電車に乗り、台北日本人学校の合唱コンクールへ。
今日は、慣れない審査員という任務と、10分間の講評をしなければならない。
慣れないことはドキドキするが、そういう新しいことが楽しい。

会場につくと、お母さんたちが看板を持って立っていた。
お母さんは日本でも台湾でも、早起きだ。
台湾の日本人会の方や学校の評議委員の方々と挨拶をしたり、会場で5分くらいのリハをしたり。
マイクはスピーチ用、スタンドは曲がらないタイプなので両足で挟むような格好でピアノを弾く。
右手と左手の間にスタンドが立ちふさがっているのだが、これまでも何度も、訪れたピンチだ。
どんな状況でも心を込めて歌うだけだから、痛くも痒くもない。

ホール中に響き渡る子どもたちの歌声は、いつ聴いても涙が出る。
特に、今日の、台湾の子どもたちの、まっすぐな歌声、まなざしには、終始やられっばなしだった。
感動はエネルギーになる。

講評では、下手くそな歌を歌いながら、メッセージを伝えることの大切さと、歌が生まれる背景について、少しだけお話しさせていただいた。
子どもたちは、この人誰だろう、と思っただろうな。
いきなりでてきて、歌いだすんだから。
でも、いつかきっと、また会えるよ。その日までお互いがんばろう。

合唱コンクールを終えて、今回のスペシャルな台湾案内人、馬岡さんに連れられて、スペシャルな台湾の観光へ。
自分だけでは絶対に行けない場所に、次から次へと案内いただく。

頭もお腹も栄養でいっぱいになったあとは、夏川りみさんの台湾コンサートへ。
きれいな歌声とはこういう人のことを言うのだな。
きれいすぎて、この歌声ならずっとバラードでもまったく飽きない。
それでも沖縄の音楽を途中で入れて盛り上がったり、一緒に歌ったり踊ったり。
あっという間の時間だった。
夏川りみさんに歌っていただけるような歌を、作れたらいいな。
前から思っていた小さな夢の灯りが、今日、大きく揺れはじめた。

関連記事

2年ぶりの新作が完成! 【超お得な予約キャンペーン開始】

できあがった新作品集(CD&楽譜)は CD1枚に入る最大収録時間ギリギリの 13曲22トラッ

記事を読む

鹿児島へ

鹿児島へ。私立幼稚園の県全体の研究大会に出演させていただいた。 片道3時間以上かかるので、

記事を読む

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききな

記事を読む

のぶみさんと牡蠣

のぶみさんと牡蠣を食べた。 前回お会いしてから、150日くらい経っているが のぶみさ

記事を読む

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

no image

熱くないけど お茶、熱〜い。

2017年の後半戦2日目は、台湾のお茶屋のお兄さんの「熱くないけどお茶あつ〜い」というコピーから始ま

記事を読む

クーラーに気をつける季節

朝は、昨日録音したかのんちゃんの歌を編集。 この編集作業が、録音の倍くらい時間がかかる。 やりは

記事を読む

自分の「型」を作る

僕たちの脳みそは、睡眠中に記憶の整理をするらしく、朝は、散らかった頭の中が、何も置いてない机のように

記事を読む

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

18歳の仲間たち

毎年、この時期に、母校の教育学部の一年生に授業をさせてもらっている。 呼んでくれるのは、角

記事を読む

PAGE TOP ↑