*

ただいま佐賀!

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2017)

池袋の隠れ宿で目がさめる。畳の四畳半。
周りは外国人旅行者しかいない。
外国人向けに、この宿では日本を意識したものばかりが並んでいる。
やりすぎではないか。というくらい日本だ。
だがそれが心地いい。

いつもの喫茶店にはいる。
この「いつもの」が東京にちょこちょこできてきたのが、嬉しい。
わが町とは言えないがすこしずつ慣れてきた。

おじさんのオアシスと呼ばれているこの喫茶店は、みな、何かをしに、この店に来ている。
保険の話、投資の話が飛び交い、サラリーマンはノートパソコンのキーボードを叩いている。
狭い空間でそれぞれの仕事が進み、それぞれの明日が作られてゆく。
空想するだけでなく、なんらかの出力が大事だ。なにげない文章にも、明日を変える力が宿っている。
僕の場合は音楽、譜面。一日一枚でも、譜面を書きたい。
それだけが自分らしく生きた証であり、明日への一枚となる。

昨日いただいた宿題に集中する。
飛行機の時間ギリギリまで。
あとから振り返ると、あの時電車一本遅れていたら、飛行機に乗り遅れていたのだ。あぶない。
あと一歩早く乗れていたら、あんなに走らなくてよかったこともあとから分かることだ。

とにかく走った。
成田空港に着いてからが本番だ。
第三ターミナルまで鼻から息を二回吸い、口から一回。
小学校のマラソン大会の時にならった呼吸法をいまだにやっているが効果はあるのかわからない。

運動不足だな。と走りながら身をもって体感する。
足が思い。肺が小さくなっている気がする。
佐賀に帰ったら運動だ。
しかしまだ、いまは宿題を…と思うと、こうして体力を失っていくのだな、と思う。
人生は長い。焦らずいこう。まだまだ捨てられる無駄な時間はある。
スマホにやられたらアカン。

佐賀行きの飛行機は心配になるくらい空いていた。
おかげで、となりのテーブルにミニキーボードを置いて楽譜がかけた。
ありがたい。久しぶりの九州。雨が降り始めた日にここを出て、雨がやんでから帰ってきた。
ニュースも全然見ていないので、災害の実感がない。
今週末朝倉にいくことになっている。何かできることはないか。
自分の頭で考えなければならない。

しばらく家から通える範囲のコンサートが続く。
しっかり、家でしかできないことをしよう。

ふう、とりあえず、ただいまです。

関連記事

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

教育音楽(中高版)7月号に「越えてゆけ」の混声三部合唱ver.が掲載

教育音楽(中高版)7月号に 「越えてゆけ」の混声三部合唱の楽譜が掲載! 音取り音源は

記事を読む

no image

富士小学校の校歌

記事を読む

ついたち、は気持ちいい

今日から2月ですね。 みなさんの街にも 新しいキリッとした空気が 流れていますでしょうか。

記事を読む

2年ぶりの新作が完成! 【超お得な予約キャンペーン開始】

できあがった新作品集(CD&楽譜)は CD1枚に入る最大収録時間ギリギリの 13曲22トラッ

記事を読む

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききな

記事を読む

自分の「型」を作る

僕たちの脳みそは、睡眠中に記憶の整理をするらしく、朝は、散らかった頭の中が、何も置いてない机のように

記事を読む

台湾3日目

日本の通勤ラッシュを覚悟して、朝7:30に電車に乗り、台北日本人学校の合唱コンクールへ。 今日は、

記事を読む

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル

音楽活動を続けて今年で10年目。 みなさまの温かい応援を日々感じながら 感謝の気持ちを、

記事を読む

ライアー 癒やしの音色

ライアーの音色が 20人の心を遠い国に誘って その音がなりやんだ時 大きな拍手がマリーを包んだ

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑