*

ハチマキを巻いて

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2017)

佐賀に帰って来た。
朝からパソコンに向かう。
東京で「この一週間、頭にハチマキ巻いて音楽に向かってください」と言われてきた。
しかし気持ち的には、担当してくださっている編集者さんが明後日から新婚旅行なので、この二日間が勝負だ。
全力で、できるだけのことをしよう。
ページ割り、ページ数など、ひと段落させて、気持ちよく新婚旅行に行ってきてほしい。

集中しすぎてお昼をとるのを忘れ、時間がないので超久しぶりにカップ麺を食べた。
小学校が早く終わる土曜日によく食べた、オレンジ色のパッケージの長崎ちゃんぽんだ。

録音と譜面作りを同時に行なっていく。
歌を全力で歌うので、体を使う。体を使いながら譜面を書き、譜面を書きながら体を使う。
いい組み合わせだ。
なおさらあっという間に時間が進む。

夕方からは、ミュージカルのスタジオへ。
中学生が、繰り返し繰り返し踊りながら、汗をかいている。
僕はとなりの事務所で汗もかかずにパソコンを開く。
仕方ない、いまは、こっちをしなければ。

ミュージカルの代表栗原さんと、今回脚本を書かせてもらう企画のことを話す。
プロデュースをお願いしている中並さんも到着し、いよいよプロジェクトが本格的に進みだした。
公演は12月、出演者募集の案内はすぐにでもださなければ。

新しく、メンバーを20人募集する。
どんな子たちに出会えるだろう。
楽しみだ。

打ち合わせが終わったら、フルティと浜勝で原稿の確認。
教育音楽の連載も、もう6回目になった。
引き続き中並さん、フルティに脚本のアドバイスをもらう。
爆笑しながらアイデアが出る。
浜勝の店員さんが、以前コンサートに来たことがあります、と声をかけてくれた。
嬉しい。
だけど、さっきはロースカツ定食を100グラムにするか150グラムにするかで迷ってしまいお手数をかけたので申し訳ない。
脚本に、悪役がいないので、市長を悪者にしよう、とか、カジノを作ろう、とか、変な会話で盛り上がる。
さっきの浜勝の方がたまにお茶を入れに来てくれる。
あまりにも悪役のひどい話をしているので「これは脚本の話なんで、現実に悪巧みしてるんじゃありません」と、ごまかすが、逆に怪しい客となる。

家につくと、玄関いっぱいに、先日まで岐阜で使っていた音響機材が届いていた。
ヤマトさんありがとう。

さて、切り替えて、楽譜に向かいますか。
今夜はとことん、歌いながら、体を使いながら、ハチマキ巻いて、楽譜を書くのだ。

関連記事

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

ただいま佐賀!

10日間の旅まわりを終えて、飛行機で佐賀へ。 今回コンサートは5回。 小倉、名古屋、豊橋、南

記事を読む

no image

熱くないけど お茶、熱〜い。

2017年の後半戦2日目は、台湾のお茶屋のお兄さんの「熱くないけどお茶あつ〜い」というコピーから始ま

記事を読む

昨日東京から佐賀の自宅に帰り、今日は朝から長崎県平戸市、田助小学校へ。 2年半前の前回は子どもたちが

記事を読む

no image

千葉市PTA講演会での演奏

和歌山から千葉へ! 千葉市民会館にて 100分のコンサート。   絵本の出版社、

記事を読む

no image

ほほえみの花

NPO法人「ほほえみの花」が運営している 「みんなの家」のみなさんの主催で、姫路にて、コンサー

記事を読む

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」  出演者募集!!

先日、お知らせした10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」 来年の1月5日まで4ヶ

記事を読む

no image

あとひとくふう

真面目に、真剣に歌う。それは誰でも知っている 「正しいこと」だ。 だけど「正しい」だけでは 人の

記事を読む

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききな

記事を読む

台湾3日目

日本の通勤ラッシュを覚悟して、朝7:30に電車に乗り、台北日本人学校の合唱コンクールへ。 今日は、

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑