*

鹿児島へ

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2017)

鹿児島へ。私立幼稚園の県全体の研究大会に出演させていただいた。
片道3時間以上かかるので、マネージャーのゆきさんに運転してもらい、助手席で修正の宿題がある歌詞を考える。1人だとできなかったろうな。
ゆきさんは文才があり、2人だと会話の中からヒントがでてくるからありがたい。

鹿児島に着く頃には二曲の修正歌詞が完成した。
この時間は本当に貴重で、ただただ運転しているのからすると、何百倍も価値がある。歌を作るお仕事は、歌を作らないとその日一日、自分が存在していないのと同じだからだ。

研究大会では1000人のお客さまに50分、フルパワーで挑む。笑ってもらえたのが一番嬉しい。
最近は小さい頃「お笑い芸人になること」が夢だったことを思い出す。だじゃれを単語帳に書いて集めていたこともあった。
そのあとの夢が手品師。手品の本を注文していたのに、予定通り本屋に届かず、自転車で隣町まで本をとりにいったのに、がっかりして途方にくれた日もあったな。

クーラーと灼熱の外の温度差が原因か、声の調子があまり良くない。
それでも、同じ条件でバリバリ3時間ライブをする人たちがいるので、自分は弱っちいなぁと思う。
帰りの車でASKAさんの新曲を聴いた。チャゲさんとの2人の写真が、映像の最後に出てきて興奮した。
しかし何よりも60歳違いASKAさんの声が、さらに良くなっているような気がして、圧倒された。

帰宅すると佐賀は蒸し暑い。虫たちが元気になりそうな夜だ。虫が苦手な自分にとっては恐ろしい。
さっさと寝て、また明日から、がんばろう。

関連記事

no image

挨拶は真っ直ぐに。

昨日出会った、 甚目寺中学校の生徒会長も 今日再会した 長崎県PTA連合会での松崎さんも 真っ直

記事を読む

熊本市PTA連合会での講演

熊本市PTAでの講演会でした。 講演終了後、市P会長の坂本さんと。 素敵な出会い

記事を読む

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききな

記事を読む

教育音楽(中高版)7月号に「越えてゆけ」の混声三部合唱ver.が掲載

教育音楽(中高版)7月号に 「越えてゆけ」の混声三部合唱の楽譜が掲載! 音取り音源は

記事を読む

no image

あとひとくふう

真面目に、真剣に歌う。それは誰でも知っている 「正しいこと」だ。 だけど「正しい」だけでは 人の

記事を読む

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

自分の「型」を作る

僕たちの脳みそは、睡眠中に記憶の整理をするらしく、朝は、散らかった頭の中が、何も置いてない机のように

記事を読む

ベース講座 先生は大好きなギモト部長

ジャズ研時代の先輩にベースのレッスンをしてもらった。 [/audio] ベースを弾く

記事を読む

no image

東京にて SAPESIのみなさんと

静岡の演奏を終えて東京に来ました。 SAPESI-JAPANのみなさんと 打ち合わせ。 これま

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑