*

のぶみさんと牡蠣

公開日: : 最終更新日:2017/02/23 ゆげ日記(2017)


のぶみさんと牡蠣を食べた。

前回お会いしてから、150日くらい経っているが
のぶみさんのFacebookをいつも楽しみに読んでいるので
ひさしぶり、という感覚は、少ない。

150日の間に、のぶみさんは情熱大陸やジャニーズの番組などに
出演し、ますます人気者の有名人になっているけど、
相変わらず、ひとつひとつの言葉や気遣いが、優しい。

一緒に来ていた舞台人の西川さんは、
透き通る肌とスマイルが風のように爽やかな人だった。
今度、のぶみさんのミュージカルを制作するらしい。
情熱と行動力を持ちわせたイケメン。ずるい。

大粒のプルプルした牡蠣から、
小粒で味がぎゅっと凝縮されている牡蠣まで、
世界中の牡蠣を「おいしい、おいしい」と言いながらも
あたったらどうしよう、とヒヤヒヤしながら食べたり
映画監督の入江ふーちゃんの楽しい話にゲラゲラ笑ったあと、

のぶみさんが2冊の新作絵本のラフを読み聞かせてくれた。
一冊の中で笑い、泣き、終わった時にすかっと心が晴れる絵本。
こうしてラフを色んな人に読んで、
アドバイスをもらっては、書き換える。
この作業を繰り返して、完成版ができていくのだという。

いただいた楽しい時間とみなさんのキラキラしたエネルギーを
明日につなげていこう。

こんな素敵な会に誘ってくれたイクシーさん、
ありがとうございました。

 

関連記事

熊本市PTA連合会での講演

熊本市PTAでの講演会でした。 講演終了後、市P会長の坂本さんと。 素敵な出会い

記事を読む

クラウドファンディング勉強中

クラウドファンディングの第一印象、 あんまり良くなかったです。 しかし色々本を読むと… 素

記事を読む

小さな積み重ねで

朝は、鳥栖の中学校でコンサート。お揃いの真っ赤なTシャツを着た保護者のみなさん。サガントスのユニフォ

記事を読む

ライアー 癒やしの音色

ライアーの音色が 20人の心を遠い国に誘って その音がなりやんだ時 大きな拍手がマリーを包んだ

記事を読む

fucchiEさんの手話歌

兵庫県加古川市にて 「手話歌」が印象的なフッチーさんと出会いました。 同じ福岡出身、同じ使用

記事を読む

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

純度100パーセントの暗闇の中で、過ごした90分。見えない世界は心地よいゼロの時間。白杖、芝生、手の

記事を読む

ASKAさんの歌が聴こえてくる

僕の好きだった 「ようきんしゃったね」と 話しかけてくる看板が見当たらない 改装中の福岡空港。

記事を読む

自分の「型」を作る

僕たちの脳みそは、睡眠中に記憶の整理をするらしく、朝は、散らかった頭の中が、何も置いてない机のように

記事を読む

no image

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききなが

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

PAGE TOP ↑