*

fucchiEさんの手話歌

公開日: : 最終更新日:2017/02/26 ゆげ日記(2017)


兵庫県加古川市にて
「手話歌」が印象的なフッチーさんと出会いました。

同じ福岡出身、同じ使用機材、同じA型。他にも共通点多し。
普段は一人で90分の演奏が多いのですが、
今日はそれぞれ50分を分け合ったコンサート。

誰かと会った時に「自分と違う」と
心の扉を閉じてしまうと、そこで関係は終わってしまう。
その「違い」を埋めようとした時にはじめて、
「寄り添う」ことができる。

と、語りながら、手話と音楽を融合させたスタイルで
聴覚障害のある方々に笑顔を届けておられる姿を観て
いままで取り組んでこなかった「手話」に興味がわきました。

これまでも歌に「手話」を
ということはあったのですが、
フッチーさんの、
自然に手話が溶け込んでいるスタイルを目の当たりにして
感動をいただき、一歩、
違う景色につれていっていただきました。

 

 

関連記事

no image

小さな積み重ねで

朝は、鳥栖の中学校でコンサート。お揃いの真っ赤なTシャツを着た保護者のみなさん。サガントスのユニフォ

記事を読む

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

ただいま佐賀!

10日間の旅まわりを終えて、飛行機で佐賀へ。 今回コンサートは5回。 小倉、名古屋、豊橋、南

記事を読む

熊本市PTA連合会での講演

熊本市PTAでの講演会でした。 講演終了後、市P会長の坂本さんと。 素敵な出会い

記事を読む

のぶみさんと牡蠣

のぶみさんと牡蠣を食べた。 前回お会いしてから、150日くらい経っているが のぶみさ

記事を読む

ついたち、は気持ちいい

今日から2月ですね。 みなさんの街にも 新しいキリッとした空気が 流れていますでしょうか。

記事を読む

no image

ベース講座 先生は大好きなギモト部長

ジャズ研時代の先輩にベースのレッスンをしてもらった。 ベースを弾くことよりも、まずはベースの種類や

記事を読む

18歳の仲間たち

毎年、この時期に、母校の教育学部の一年生に授業をさせてもらっている。 呼んでくれるのは、角

記事を読む

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

ライアー 癒やしの音色

ライアーの音色が 20人の心を遠い国に誘って その音がなりやんだ時 大きな拍手がマリーを包んだ

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑