*

ライアー 癒やしの音色

公開日: : 最終更新日:2017/03/03 ゆげ日記(2017)


ライアーの音色が
20人の心を遠い国に誘って
その音がなりやんだ時
大きな拍手がマリーを包んだ。

ミュージカル女優を目指して
この街を出たマリーは
東京でシャワーもないアパートを借り
銭湯に通いながら
バイトをしたり
お笑いの劇団で丸坊主になったり
夜の店で歌ったりしながら
夢を追いかけていた。

電話した時に
「スタジオ借りれないから
多摩川の土手で練習しています」
と言っていたこともあった。

しばらくして佐賀に帰って来た時。
「応援してくれた人たちに会わせる顔がない」
なんて言っていたから、

「そんなことないよ。みんなマリーと一緒に夢を見させてもらえていたんだから」と話したけど、僕が思っている以上に、マリーの心は「ボロボロだった」と後から聞いた。

素敵な旦那さんに出会って
マリーは元気を取り戻したように見えた。
そして、ライアーという小さなハープみたいな楽器を始めた、
と人づてに聞いた。

「こころを何に例えよう
一人道行くこのこころ
こころを何に例えよう
一人ぼっちのさみしさを」

2曲目が始まった。

10代の時からミュージカルの主役を演じ
いくつものステージの上から
輝く笑顔と歌声で元気を届けて来た
鍛え上げた力強い歌声がいま、
こんなにも儚く、
やさしい音楽に姿を変えて、
みんなの心を包んでいる。

その姿は、
天使のようだった。

天使は、そのへんにパタパタ飛んでいるのではなくて、
がんばってがんばって、傷つきながらも純粋な気持ちを捨てない、強くて優しい人の心に宿る美しい一瞬の奇跡のことを言うんじゃないか、と思った。

あくまでも、一瞬の。だけど。
だって演奏終わったら、
ただのドジで愉快なマリーに戻るから。

あはは
三月もがんばろうっと。

関連記事

fucchiEさんの手話歌

兵庫県加古川市にて 「手話歌」が印象的なフッチーさんと出会いました。 同じ福岡出身、同じ使用

記事を読む

昨日東京から佐賀の自宅に帰り、今日は朝から長崎県平戸市、田助小学校へ。 2年半前の前回は子どもたちが

記事を読む

ユーモアのある、10秒スピーチ

岡山中学校の卒業式。 呼んでくださったのは1月のPTA大会の客席で たまたま演奏を聴いてくだ

記事を読む

ただいま佐賀!

10日間の旅まわりを終えて、飛行機で佐賀へ。 今回コンサートは5回。 小倉、名古屋、豊橋、南

記事を読む

no image

ただいま佐賀!

池袋の隠れ宿で目がさめる。畳の四畳半。周りは外国人旅行者しかいない。外国人向けに、この宿では日本を意

記事を読む

no image

ベース講座 先生は大好きなギモト部長

ジャズ研時代の先輩にベースのレッスンをしてもらった。 ベースを弾くことよりも、まずはベースの種類や

記事を読む

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

小さな積み重ねで

朝は、鳥栖の中学校でコンサート。お揃いの真っ赤なTシャツを着た保護者のみなさん。サガントスのユニフォ

記事を読む

クラウドファンディング勉強中

クラウドファンディングの第一印象、 あんまり良くなかったです。 しかし色々本を読むと… 素

記事を読む

no image

鹿児島へ

鹿児島へ。私立幼稚園の県全体の研究大会に出演させていただいた。片道3時間以上かかるので、マネージャー

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年7月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑