*

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

公開日: : 最終更新日:2017/05/09 ゆげ日記(2017)


純度100パーセントの暗闇の中で、過ごした90分。見えない世界は心地よいゼロの時間。白杖、芝生、手のぬくもり。どの電車に乗ってもスペースというスペース全てに埋め尽くされた広告が、この世界では一つも飛び込んで来ない。心地いい。
肩書きも経歴も、外の世界に置いてきた14歳から72歳までの8人が、手探りで、白杖頼りで、暗闇の部屋から部屋へ。草の香り、芝生の柔らかさ、人のぬくもりを、いつもより感じるのは、視覚がシャットアウトされて、他の感覚が研ぎ澄まされるからだそうだ。
そういえば、昔、大阪のかずくんが言っていた。

「人間が頼りにするのは、視覚から得る情報が9割やねん。じゃあ俺ら見えない視覚障害者は、他の人より9割人生損してるかっていうと、そうではないねん。視覚がないぶん、他の感覚が、その9割を補おうとするねん。」と。
そのことを思い出しながら、かずくんたちの感覚を探しながら、僕はだんだんと、この暗闇の中を心地よく感じ始めていた。この空間、まだ出たくない!
暗闇の部屋をいくつか通った後、最後は暗闇のカフェで飲み物とお菓子をたべたり、今日が誕生日、という61歳のメンバーにハッピーバースデーを歌ったりしなから、初めて会った8人と気づきを話し合ったりした。
14歳の中学二年生は、お母さんの友達から、招待券をプレゼントされて、来たそうだ。素晴らしいプレゼントだ。
暗闇から出て、都会の道に一歩踏み出したとき、入った時にはまったく気付かなかった花の香りがした。研ぎ澄まされた感覚がまだ残っているとは。びっくり。
ダイアローグインザダーク、おそるべし!

オススメです。

関連記事

ギター練習中

2017年からギターを教えてくれている 小島 佳樹くん。 先月の定期イベントでは

記事を読む

no image

あとひとくふう

真面目に、真剣に歌う。それは誰でも知っている 「正しいこと」だ。 だけど「正しい」だけでは 人の

記事を読む

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

自分の「型」を作る

僕たちの脳みそは、睡眠中に記憶の整理をするらしく、朝は、散らかった頭の中が、何も置いてない机のように

記事を読む

18歳の仲間たち

毎年、この時期に、母校の教育学部の一年生に授業をさせてもらっている。 呼んでくれるのは、角

記事を読む

台湾3日目

日本の通勤ラッシュを覚悟して、朝7:30に電車に乗り、台北日本人学校の合唱コンクールへ。 今日は、

記事を読む

fucchiEさんの手話歌

兵庫県加古川市にて 「手話歌」が印象的なフッチーさんと出会いました。 同じ福岡出身、同じ使用

記事を読む

光楽寺での嬉しい再会

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺

記事を読む

ハチマキを巻いて

佐賀に帰って来た。 朝からパソコンに向かう。 東京で「この一週間、頭にハチマキ巻いて音楽に向かっ

記事を読む

no image

挨拶は真っ直ぐに。

昨日出会った、 甚目寺中学校の生徒会長も 今日再会した 長崎県PTA連合会での松崎さんも 真っ直

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑