*

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

公開日: : 最終更新日:2017/05/09 ゆげ日記(2017)


純度100パーセントの暗闇の中で、過ごした90分。見えない世界は心地よいゼロの時間。白杖、芝生、手のぬくもり。どの電車に乗ってもスペースというスペース全てに埋め尽くされた広告が、この世界では一つも飛び込んで来ない。心地いい。
肩書きも経歴も、外の世界に置いてきた14歳から72歳までの8人が、手探りで、白杖頼りで、暗闇の部屋から部屋へ。草の香り、芝生の柔らかさ、人のぬくもりを、いつもより感じるのは、視覚がシャットアウトされて、他の感覚が研ぎ澄まされるからだそうだ。
そういえば、昔、大阪のかずくんが言っていた。

「人間が頼りにするのは、視覚から得る情報が9割やねん。じゃあ俺ら見えない視覚障害者は、他の人より9割人生損してるかっていうと、そうではないねん。視覚がないぶん、他の感覚が、その9割を補おうとするねん。」と。
そのことを思い出しながら、かずくんたちの感覚を探しながら、僕はだんだんと、この暗闇の中を心地よく感じ始めていた。この空間、まだ出たくない!
暗闇の部屋をいくつか通った後、最後は暗闇のカフェで飲み物とお菓子をたべたり、今日が誕生日、という61歳のメンバーにハッピーバースデーを歌ったりしなから、初めて会った8人と気づきを話し合ったりした。
14歳の中学二年生は、お母さんの友達から、招待券をプレゼントされて、来たそうだ。素晴らしいプレゼントだ。
暗闇から出て、都会の道に一歩踏み出したとき、入った時にはまったく気付かなかった花の香りがした。研ぎ澄まされた感覚がまだ残っているとは。びっくり。
ダイアローグインザダーク、おそるべし!

オススメです。

関連記事

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」  出演者募集!!

先日、お知らせした10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」 来年の1月5日まで4ヶ

記事を読む

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」  詳細です。

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル「図書館で会いましょう」 【日程】2018年

記事を読む

台湾!美しい図書館へ

世界で最も美しい図書館のひとつ、 と言われている 「台北市立図書館北投分館」 に来まし

記事を読む

ついたち、は気持ちいい

今日から2月ですね。 みなさんの街にも 新しいキリッとした空気が 流れていますでしょうか。

記事を読む

ただいま佐賀!

10日間の旅まわりを終えて、飛行機で佐賀へ。 今回コンサートは5回。 小倉、名古屋、豊橋、南

記事を読む

弓削田健介10周年コンサート&ミュージカル

音楽活動を続けて今年で10年目。 みなさまの温かい応援を日々感じながら 感謝の気持ちを、

記事を読む

ハチマキを巻いて

佐賀に帰って来た。 朝からパソコンに向かう。 東京で「この一週間、頭にハチマキ巻いて音楽に向かっ

記事を読む

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききな

記事を読む

no image

熱くないけど お茶、熱〜い。

2017年の後半戦2日目は、台湾のお茶屋のお兄さんの「熱くないけどお茶あつ〜い」というコピーから始ま

記事を読む

PAGE TOP ↑