*

世界中のまだ見ぬ友へ

公開日: : 最終更新日:2017/02/13 ゆげ日記(2014~)

アブダビ日本人学校手を上げてるところ

ひなまつり

きっと日本人学校でもひなまつりの行事が

おこなわれてるかも・・・

初めて日本人学校で演奏をさせていただいたとき、
文化の全く違う環境で故郷に想いを馳せながら
一生懸命勉強している子どもたちに出会いました。

夜空に輝く星々のように
世界中それぞれの場所で輝く子どもたち
みんなの夢が繋がり合いながら
未来を作っていく
みんなの笑顔と歌声を想い浮かべながら
「世界中のまだ見ぬ友へ」は、できました。
音楽の力を借りながら、
世界中のみんなが繋がってることを
実感できるきっかけになれるような歌を
これからも作っていきたい。
日本人学校のみんなとの出会いのなかで生まれた
僕の新しい夢です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「世界中のまだ見ぬ友へ」のCDは、
こちらの作品集に収録されています。
弓削田健介2冊目の作品集
「しあわせになあれ」
http://bit.ly/yuge_shiawase

曲ができた物語も読める特設ページはこちら
http://yugemusic buy viagra online usa.com/kyogei_tokusetsu/

youtubeはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=hpfE6snI31w



弓削田健介
作曲家。主に教育現場で使われる合唱曲やミュージカル曲を作曲。全国を旅しながら年間150~200回のコンサート&各地の合唱団に楽曲を提供しているスタイルから「放浪の合唱作曲家」と呼ばれることも。

LINE@配信中!
日々の気づきを音声メインで、お送りします。
登録はこちらから↓↓↓


友だち追加

関連記事

no image

「死」を意識

年末に人間ドックに行って、自分は超健康体のつもりなのに なぜかひっかかっていた、気になっていた検査

記事を読む

【翼をください】

[/video]   【翼をください】 残された「命の時間」を大切に過ご

記事を読む

路上で歌っていた大学生のころ

https://www.youtube.com/watch?v=NFlw0PA8qag

記事を読む

no image

心配りの積み重ねが 奇跡をよぶのかな

森の奥で優しい動物たちに守られた湖のような静かな心配りで 関わる人の明日を変えて行く 本物のプロ

記事を読む

no image

ウィンターホーリディ

海に映る灯りが揺れていて お父さんと行った魚釣りの時のことを思いだします。 もっと都会の顔か

記事を読む

森田さんに、こんな形で再会できて嬉しい

今日は長崎県の佐々町にて 佐々町少年少女合唱団と 合唱団ココアポコさんと コラボでの

記事を読む

佐賀に戻りました。週末は愛知、岐阜へ

横浜から佐賀に帰ると、お寺でのコンサート。 お客さんは「浄土宗」佐賀県婦人会のみなさんです

記事を読む

プラネタリウムがカレーだったら

プラネタリウムがカレーで 僕はラッキョウみたいなコンサートです。 いま調べたら、ラッキョウは

記事を読む

手をつなごう

「どこにでも行きます」と言って 色んな場で演奏をさせていただいてきました。

記事を読む

「ゆげひる」でコンサートをさせていただいたPTAの会長さんが、 こんな記事を書いてくだ

記事を読む

PAGE TOP ↑