*

光楽寺での嬉しい再会

公開日: : ゆげ日記(2017)

20歳の頃、日本の伝統音楽の研究をしていた大学の教授に「面白い和尚さんがいるから」と連れられて、お寺に行った。ユニークな和尚さんとの大学との、新しい試みだったらしく、「大学の教育学部生、お寺で仏教音楽の研修」みたいな記事が新聞に載った。
凄く楽しい研修だったのと、帰り際に和尚さんが「また遊びにおいで。今度は泊まって行くといいよ」と言ってくれたので、真に受けて、後日、秋山くんと、お寺で合宿をさせてもらうことに。
最近読んだ本でオススメのものを持ち寄り、半年間の反省と計画をする、というものだった。お寺のシンとした空気の中で、もの凄く充実した時間だった。晩御飯は「君たちがんばっていたから」と、鍋を用意してくだった。めちゃくちゃ美味しいしゃぶしゃぶ鍋だった。和尚さんは、夢を語る僕たちの話をいつまでも聞いてくだった。
一泊させてもらった朝は、お寺の庭掃除をした。一休さんたちのような小坊主になった気分だった。
それから、この「合宿」という形で一年の振り返り、反省、次の年の計画をするのが楽しみになった。参加人数が増えてきたので、お布団の数が多い「少年自然の家」に場所を移して「〇〇年、さらばじゃ!」会という合宿が生まれた。
今日は、そんな「さらばじゃ会」発祥の地、光楽寺での演奏だった。和尚さんの蒲生先生は、相変わらず元気で明るくて優しい。14年前に鍋を囲んだ懐かしい畳の上で、色んな話をしてくださった。
マッキーの「世界に一つだけの花」は、仏教の教えの中から生まれた、という話は聞いていたが、実際のお経の、この箇所、というのを見せてくださったり、最近の先生の気づきや、素敵な言葉を教えてくださった。懐かしさと、今日までつながっていただいているありがたさと、また新しい明日があることへの感謝で、胸いっぱいだった。
次のコンサートの予約を、三年後の2020年の5.21に入れてくださった。その時までに、どんな自分になっていられるかな。2020年の新しい自分を、2020年の新しい蒲生先生に、お見せできるようにがんばろう。

関連記事

鹿児島へ

鹿児島へ。私立幼稚園の県全体の研究大会に出演させていただいた。 片道3時間以上かかるので、

記事を読む

熊本市PTA連合会での講演

熊本市PTAでの講演会でした。 講演終了後、市P会長の坂本さんと。 素敵な出会い

記事を読む

台湾!美しい図書館へ

世界で最も美しい図書館のひとつ、 と言われている 「台北市立図書館北投分館」 に来まし

記事を読む

心のどこかの、なにかが…

バズーカのようなストーブで冷蔵庫のような体育館が、ぽかぽか。 2年前に聞いてくださった先生が

記事を読む

大分へ 

大分に来た。「わたあめ」の歌詞を書いてくれた、ボスこと河室くんの故郷だ。 2冊の作品集で、付録

記事を読む

録音しながら、ほふく前進

新しい作品集の最後に入れる歌を録音しながら、仕上げていく。 音にして、自分の声を他人になってききな

記事を読む

教育音楽(中高版)7月号に「越えてゆけ」の混声三部合唱ver.が掲載

教育音楽(中高版)7月号に 「越えてゆけ」の混声三部合唱の楽譜が掲載! 音取り音源は

記事を読む

no image

橘校区 いのちと夢のコンサート

この写真は、コンサートを終えて帰るときのGoogleマップ。お昼になっても、この、通行止めの状況

記事を読む

クラウドファンディング勉強中

クラウドファンディングの第一印象、 あんまり良くなかったです。 しかし色々本を読むと… 素

記事を読む

面倒くさいことから

朝一番、免許の更新へ。 「面倒くさいけど、 これ行かなかったら、 もっと面

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 「図書館で会いましょう」
    (教育芸術社)
  • 2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
PAGE TOP ↑