*

公開日: : ゆげ日記(2014~)


【やさしい歌】

絵本「いのちのまつり」
作者の草場一壽さんとの出会いは、
大学を卒業したばかりの春でした。

僕のホスピスでの音楽活動を応援して下さっていた
地元のテレビ局の方が、

「今度教科書にも載ることになった絵本の作者が、
次の作品にテーマソングを書ける人を探しているらしい。
お前、チャレンジしてみるか?」

と言って、紹介してくださったのでした。

始めて伺った草場さんの工房で、緊張しながら、
自己紹介をした後、
工房に置いてあったピアノを弾きながら、
この「やさしい歌」を歌いました。

学生時代から演奏に行っているホスピスで
自分なりに感じた「いのち」のことを歌う、
この静かな曲をじっと聴いてくださったあと、
「よし、やろうか!」と言ってくださり、
草場さんとのお仕事が始まりました。

絵本「いのちのまつり」シリーズは、
子どもたちだけでなく、
教育関係の仕事をされている大人たちにも
とても人気でした(今も)。

草場さんは全国から殺到している講演依頼に、
講演と絵本の朗読、そして音楽の3つをセットにした
「いのちのまつり講演隊」という形で応え、
僕はその音楽担当として、
日本中に、連れて行っていただけることになりました。

草場さんと、この「いのちのまつり講演隊」を通して出会った全国の教育関係者のみなさんとのつながりが、
今の、日本中旅をしながらの音楽活動の原点となっています。

 

 

関連記事

no image

12日間の旅

フェリーで、瀬戸内海を北九州から神戸に向かっています。 今回は12日間の旅です。 愛知→大阪

記事を読む

no image

壱岐市P

白いタオルのねじり鉢巻が、 フェリーをバックに釣具の準備をしています。 フェリーの向こうから

記事を読む

【優しきエンターテイナー、タナヤン】

佐賀に戻っています。 昨日はタナヤンが遊びに来てくれました。 タナヤンは、 佐賀市

記事を読む

no image

泳ぐ

CDのことがひと段落して、ひさびさに、プールに行けました。 僕は別にハードに泳ぐわけでもなく、

記事を読む

音色の勉強からはじまる

アレンジの作業をしていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。 たくさんある音色を選ぶところからス

記事を読む

no image

【東京でひすいこたろうさんとイベントです】

  あなたがくだらいと思っている今日は 昨日なくなった人が なんとかして生きたか

記事を読む

岡山到着

岡山駅に着いた。 1月のシンフォニーホールでのコンサート以来、4回目の岡山だ。 あの時聴いてくだ

記事を読む

路上で歌っていた大学生のころ

https://www.youtube.com/watch?v=NFlw0PA8qag

記事を読む

越えてゆけ

https://www.youtube.com/watch?v=MCSUBKvUOzo[/embed

記事を読む

ヒヤヒヤ、パンパン

世の中のCDの限界収録時間74分には秘密が。 CDが生まれるときに、開発を行っていたSONYに

記事を読む

PAGE TOP ↑