*

メッセージを感じながら歌うことについて

公開日: : 最終更新日:2016/08/01 ゆげ日記(2014~)

13654408_1182418471810127_8260465787073451504_n

佐賀県にある県立病院「好生館」の緩和ケア病棟(ホスピス)では、
毎週金曜日になると地域の方がボランティアで「ひまわり喫茶」という
温かい会を開いています。

そこでは、地域のボランティアの方が集まって
ケーキやお菓子、コーヒーを出したり、
絵本の読み聞かせやピアノ、コーラス、ギターなどの演奏も
行われています。

 

ボランティアさんの中には、
「ひまわり喫茶」をずっと支えておられるお坊さんがいて、
クリスマスの時期になると
讃美歌を歌いに来てくれるキリスト教の方もいて、
宗教も越えて、みんなで温かい空間を作っているように感じます。

 
会をずっと支えているお坊さんたちは
消えて行くいくつもの「いのち」の灯を、
温かく見つめて来られたことでしょう。
そんなお坊さんの一人・五十嵐さんが
地域の小学校で「いのちの講演会」を行っていると聞いて、
五十嵐さんにお願いして、講演会の見学に行きました。
(2006年くらいのことです。)
五十嵐さんは講演会の最初に、子ども達にクイズを出しました。

「今から紹介する歌は、いのちと夢の歌です。」

 

そしてゆっくりと歌詞を読み上げましたが、
最初は誰もピンときませんでした。
低学年の一人の子どもの声が、静まりかえった体育館に響きました。
「アンパンマン!!」
驚きと喜びが入り混じったようなどよめきの後で、
始まった元気な歌声の中に、言葉の中に、
確かに「いのちと夢のメッセージ」を見つけました。
歌に込められた「メッセージ」を感じながら歌うことで、
聴くことで、こんなに音楽は豊かに響くんだなぁと思いました。

 

ホスピスでの演奏の様子(ひまわり喫茶のブログ)
http://blog.livedoor.jp/sagahimawari/archives/7566271.html

関連記事

no image

苦しみが楽しみに変わった

苦しかったぁ~ 佐賀にいる時でもみんなに会えなかったし、 録音も編集も、自分と向き合うことばかり

記事を読む

  今日は、長崎市の母親委員さんたちに 講演&コンサートを聴いていただきま

記事を読む

手をつなごう

「どこにでも行きます」と言って 色んな場で演奏をさせていただいてきました。

記事を読む

南アフリカでつながる日本人

南アフリカから一時帰国中のSAPESI蓮沼さんと会えた。 SONYの南アフリカ支社長をしていた頃

記事を読む

デザイン

僕はイチロー選手が好きで、 毎日ニュースをチェックしています。 今日のイチロ

記事を読む

no image

完成に近づく

昨日生まれたばかりの新しい歌を何度も口ずさみながら、直しながら、飛行機に乗る。東京への移動は、車で熊

記事を読む

no image

【近況です~同じ阿呆なら~】

佐賀にいます。 九州に戻っている時は、 旅の時にできないことに集中できます。 旅の

記事を読む

no image

【2014年の下半期が始まった!】

お正月、初日の出の空に描いた、 「今年の自分」に、半分でも近づけた? ・・・ 今日

記事を読む

11年目を感じた日

朝から西都小学校の開校式に出席。 作曲させてもらった校歌の初披露は、九大の混声合唱団がして

記事を読む

33歳に聴こえるやさしい歌」

<iframe class='youtube-player' type=&

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 「図書館で会いましょう」
    (教育芸術社)
  • 2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑