*

「ママのスマホになりたい」の歌ができました。

公開日: : ゆげ日記(2014~)

シンガポールの小学生が書いた作文を原案に
日本の人気作家が描いた大ヒット絵本
「ママのスマホになりたい」(作:のぶみ
の歌が、できました。

【ぼくの願い】
ぼくの願いはスマートフォンになることです。
なぜなら、ぼくのママとパパはスマートフォンがとても大好きだから。

ママとパパはスマートフォンばかりを気にして、
ときどきぼくのことを忘れてしまいます。

ぼくのパパが仕事から疲れて帰って来たとき、パパはぼくではなく、
スマートフォンと時間を過ごします。

ママとパパが大事な仕事をしていてスマートフォンが鳴り出したら、
1回鳴っただけでもすぐに電話に出ます。
ぼくが泣いているときでさえ…そんな風にはしてくれないのに。

ママとパパはぼくとではなく、スマートフォンでゲームをして遊びます。
スマートフォンで誰かと話しているとき、
ぼくが何か伝えたいことがあっても、ぼくの話を聞いてくれません。

だから、ぼくの願いはスマートフォンになることです。

【感動の絵本】
この作文↑↑↑を元に、絵本作家のぶみさんが、
さらに独自の感性を重ね、産み出した
絵本が「ママのスマホになりたい」です。

絵本に感動しすぎて、つい、歌を作ってしまいました。
ぜひ、絵本、読んでみてください。
僕は初めて読んだとき、本屋で泣きました。
おすすめです。

こんな素晴らしい絵本に出会えて、
歌も作らせていただき、感謝です。
聴いていただき、ありがとうございます。

※1
絵本「ママのスマホになりたい」
http://bit.ly/yuge_nobumi

※2
かわいい小学生の女の子「かのんちゃん」
が歌う別バージョンはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=XoWg_LRcx24

 

 

 

関連記事

プラネタリウムがカレーだったら

プラネタリウムがカレーで 僕はラッキョウみたいなコンサートです。 いま調べたら、ラッキョウは

記事を読む

no image

藤山 祥太くん

藤山 祥太くんの ライブに行きました。 新しいCDを発表するための レコ発ライブです。

記事を読む

ボーカロイド合唱団

ロボットが歌っていると思うと、 「心が通ってない」と言う人もいるかもしれませんが、 僕はそん

記事を読む

ヒヤヒヤ、パンパン

世の中のCDの限界収録時間74分には秘密が。 CDが生まれるときに、開発を行っていたSONYに

記事を読む

no image

作曲モード

家でしばらくじっとしていると 一人で踊りだしたくなるような気性なので 作曲モードの時は体がつらい

記事を読む

佐賀に戻りました。週末は愛知、岐阜へ

横浜から佐賀に帰ると、お寺でのコンサート。 お客さんは「浄土宗」佐賀県婦人会のみなさんです

記事を読む

絵本「いのちのまつりヌチヌグスージ」の朗読の途中でも使える 挿入歌

https://www.youtube.com/watch?v=cpk65yWHoeA[/embed

記事を読む

福岡県PTA

  宮崎から戻って、 今日の演奏は故郷・福岡にて。 国際会議場に収ま

記事を読む

あの頃・・・

この春… 閉館が決まっている佐賀市民会館での《BAKAROCK》大会  

記事を読む

『緊急なこと』と『大切なこと』

 

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

PAGE TOP ↑