*

作詞と連載と

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2014~)


今日は朝から、嬉しい郵便物が届いた。
「はなちゃんの味噌汁」のはなパパこと、西日本新聞社の安武さんから、五冊の冊子。

安武さんの、西日本新聞での連載をまとめたものだ。
いま考えている新しい歌のテーマが5つあって、(国際協力、読書の魅力、ともだち、食育、アフリカ)今日は歌詞を考える日だったので、どれからやろうかなぁと考えていたとこらに、届いたので、今日のテーマは食育となった。
「いただきます」という歌を過去に作っているので、違う切り口で「食育」について語る歌ということになる。テーマは同じでも、切り口は無限にある。最初の一言が決まれば早いはず。ファミレスで五冊の冊子を読みながら、イメージを膨らませてゆく。

作詞を2.5日、作曲を2.5日。一段譜を書くまでに、だいたいこれくらいあれば、書けるようになってきた。
この一年のチャレンジのおかげだ。あせらずに自分なりの工程に沿って進めていけば良い。
夜はフルティと、雑誌「教育音楽」の連載について打ち合わせ。
笑いが絶えない。
難しい言葉を使わずに、大切なことを伝えられる文章を。これが二人のテーマだ。
今度佐賀新聞で、フルティが取り上げられるとのことだが、新聞記者さんから「弓削田さんとの関係は」と問われて「ゆげちゃんが学生時代から知ってて、彼が教員と作曲家で道を迷っていたときに、教員はやめときなさい、と言っちゃった責任もあるし、応援してるのよ」と答えたそうだ。
そうそう。そうなんです。

フルティが背中を押してくれた時のことは今でも覚えている。
ミュージカルの音楽作りをしている佐藤先生のスタジオで初めて出会ったんだけど、その時からフルティは豪快だった。あの時、感動して、心の中にあったモヤモヤを、ぶつけたんだった。

そういえば失恋したときにも、たくさん話を聞いていただいた。
原稿の話半分、ミュージカルの話半分。楽しい打ち合わせだった。と思ったらもう夜だ。
あっという間。
帰ったら風呂で日記、部屋は暗くしてスマホを切り、うたのたねをピアノで作ると決めている。
早寝早起き歌作り。五月はこれ。

一日に1つずつ工夫を重ねていけば

来月、ちょっとだけ違う自分に出会えるかもしれない。

関連記事

大好きな、イチローさんの言葉

「野球を真剣につづけていれば、 もっと先には、ちがう自分があらわれるのではないか という

記事を読む

【東京ネットカフェ作曲部屋】

栃木県日光市での演奏を終え、那須塩原名物のタタミマン(山本博一)と大木 聡さんたちにもお会い

記事を読む

タイトルなし

早起きして、散歩して。 F先生の情熱が飛び火してる間に 新しい習慣を作ろう。新しい習慣の中から生ま

記事を読む

no image

ルパンに影響

僕は凄いスピードで、 あせっている。 このままでは、間に合わない。 レンタカー屋さ

記事を読む

世界は一冊の本

  世界は一冊の本(長田弘)   本を読もう。 もっと本を読も

記事を読む

no image

藤山 祥太くん

藤山 祥太くんの ライブに行きました。 新しいCDを発表するための レコ発ライブです。

記事を読む

本当の自分自身や本当の人間関係の強さを知る

「人は逆境で試されて、 本当の自分自身や本当の人間関係の強さを知る」 TOYOTAのコレ

記事を読む

Ahiko drums アシコドラム

アシコは、西アフリカ、ナイジェリア発症のの片面太鼓。 この音に出会ってアレンジがめっちゃ進んだ。

記事を読む

いつもいっしょに

和歌山の小学校で演奏をしたあと 絵本好きな校長先生から紹介していただいた素敵な絵本。 結婚式を挙

記事を読む

https://www.youtube.com/watch?v=FrforhhgmFA[/embed

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑