*

book universe

公開日: : 最終更新日:2017/05/09 ゆげ日記(2014~)

作詞の日。ゴールデンウィーク明けには、一曲用意しなければならない。
「読書」をテーマにした曲を書くために、以前「図書館で会いましょう」を作った時のメモを掘り起こす。

ずいぶん長い間、図書館のことを考えていたので、言葉はたくさんあるぞ。

だけど自宅での集中時間が、ウルトラマンのカラータイマーのようにあっという間に終わってしまった。
むむ。気分を変えねば。
というわけで、福岡県久留米市にある「琥珀」という喫茶店に場所を移すことにした。

以前から、マネージャーのゆきさんに、凄く雰囲気がいいと聞いていた場所だ。

本とコーヒーの香りに囲まれた、お気に入りの場所だそうだ。
宮崎に行った時、ゆきさんに運転してもらいながら、歌詞を考えたらすごくはかどったことがあった。比留間こうちゃんと米子に行った時も、鹿児島に行ったきも、あっという間にできたのだった。
誰かと会話しながら、言葉探しに協力してもらいながら作るスタイルは、自分には合っているのかもしれない。
「琥珀」は、噂通りの素敵なお店だった。コーヒーも自家焙煎でこだわりがあり、壁いっぱいに本が並んでいた。「読書」をテーマにした歌を作るのに、ピッタリの雰囲気だ。
好きな詩人の詩集や、気になっていた本がいっぱいあって、つい読書の時間になりそうだったが、今日は作詞しないと。
マスターに自己紹介して、お店の隅にあるピアノも借りることができ、美味しいコーヒーの匂いの中で、集中して作ることができた。
集中できる環境を作る。これが当面の課題だ。先週訪れた、豊島区のトキワ荘のレジェンドたちは、締め切りに追われながら、時には仲間の漫画を手伝いながら、みんなで家族のように助け合って、いくつもの締め切りに決して穴を開けずに猛烈に作品を作り続けたらしい。
佐賀にいるときは、気を抜けばいつだってボーっとできる。旅をしているときも、サボろうと思えばいくらでもサボれる環境である。

環境を変えるのは自分だ。環境が変われば、できることも変わってくる。
自分の意志の弱さはこの10年で嫌になる程わかったので、これからは、やらないといけない環境に自分を置く「工夫」で勝負だ。そういう意味では、今日の場所移動作戦は成功だった。
歌詞ができたら、メロディができるのは、速い。もともと、言葉はメロディを帯びているからだ。その言葉が欲しがっている音を当てはめていけば良い。ただし、どんな和音をつけるか、は、自分の感性を問われる瞬間である。
さ、明日から、また東京だ。田んぼの町からビルの街へ。どんな出会いがあるのかな。うたのたねを探しに、いざ行こう、東京!

関連記事

4月10日 佐賀は雨

大分から戻り、事務仕事。これをクリアにしておかないと次に進めない。空に散りばめられた雲を一つ一つ、消

記事を読む

アンパンマンのマーチ

[/video]     子どもたちが大好きで、何気なく歌って

記事を読む

「手をつなごう」

  「どこにでも行きます」と言って 色んな場で演奏をさせていただいてきまし

記事を読む

岐阜県

岐阜県高山市に居ます。 2日間に渡る大イベント。 宇宙飛行士の山崎直子さん、 シン

記事を読む

【近況です】

木曜日 フランス、イタリアから帰り、 そのまま、長崎で打ち合わせ。 新しいわくわくが、始ま

記事を読む

福岡県PTA

  宮崎から戻って、 今日の演奏は故郷・福岡にて。 国際会議場に収ま

記事を読む

一緒にミュージカル

ミュージカルで 輝く子どもたちをたくさん見てきました。 最初はもじもじしていた子も、

記事を読む

満員御礼のプレゼント

1. 奄美大島の名物、原ハブ屋で爆笑した後に買った「恐怖の卵」 2. 富士山頂にあ

記事を読む

「ママのスマホになりたい」の歌ができました。

https://www.youtube.com/watch?v=fKdMWcLslDE[/embed

記事を読む

大志くんからの電話で元気出る

そういえば兄のように慕う大志くんから、先日電話があった。何気ないお互いの近況報告をしていても、内容が

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑