*

世界は一冊の本

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2014~)


 

世界は一冊の本(長田弘)

 

本を読もう。

もっと本を読もう。

もっともっと本を読もう。

 

書かれた文字だけが本ではない。

日の光、星の瞬き、鳥の声、

川の音だって、本なのだ。

 

ブナの林の静けさも

ハナミズキの白い花々も、

おおきな孤独なケヤキの木も、本だ。

 

本でないものはない。

世界というのは開かれた本で、

その本は見えない言葉で書かれている。

 

ウルムチ、メッシナ、トンプクトゥ、

地図のうえの一点でしかない

遙かな国々の遙かな街々も、本だ。

 

そこに住む人びとの本が、街だ。

自由な雑踏が、本だ。

夜の窓の明かりの一つ一つが、本だ。

 

シカゴの先物市場の数字も、本だ。

ネフド砂漠の砂あらしも、本だ。

マヤの雨の神の閉じた二つの眼も、本だ。

 

人生という本を、人は胸に抱いている。

一個の人間は一冊の本なのだ。

記憶をなくした老人の表情も、本だ。

 

草原、雲、そして風。

黙って死んでゆくガゼルもヌーも、本だ。

権威をもたない尊厳が、すべてだ。

 

2000億光年のなかの小さな星。

どんなことでもない。生きるとは、

考えることができると言うことだ。

 

本を読もう。

もっと本を読もう。

もっともっと本を読もう。

関連記事

facebookページの名前を変更しました

今までは 「旅をする合唱作曲家 弓削田健介のファンページ」 でした。 「ファンペー

記事を読む

人権集会での合唱や 特別支援学級・学校での 音楽教材におすすめの一曲♪「僕はここにいる」

https://www.youtube.com/watch?v=ydpO7nbRu60[/embed

記事を読む

佐賀に戻りました。週末は愛知、岐阜へ

横浜から佐賀に帰ると、お寺でのコンサート。 お客さんは「浄土宗」佐賀県婦人会のみなさんです

記事を読む

作詞と連載と

今日は朝から、嬉しい郵便物が届いた。 「はなちゃんの味噌汁」のはなパパこと、西日本新聞社の安武さん

記事を読む

メッセージを感じながら歌うことについて

佐賀県にある県立病院「好生館」の緩和ケア病棟(ホスピス)では、 毎週金曜日になると地域の方

記事を読む

満員御礼のプレゼント

1. 奄美大島の名物、原ハブ屋で爆笑した後に買った「恐怖の卵」 2. 富士山頂にあ

記事を読む

「一つになる」

この夏、PTAの全国大会のフィナーレで演奏させていただくことになり、 いま、全国に61ある

記事を読む

no image

アフリカンビートと遊ぶ一ヶ月

生活支援センター「共生の里」さんのイベントに出演させていただいた。代表の方の情熱溢れるパネル展示と温

記事を読む

忘れられない歌。

忘れられない歌。 大阪で出会った「あらちゃん」の歌です。 まず、じっくり歌詞を読んで、 ぜ

記事を読む

no image

限界を越える

  まぶしすぎて目も眩むような光に向かう 師匠の後ろ姿を見た。 「自分ら

記事を読む

PAGE TOP ↑