*

世界は一冊の本

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ゆげ日記(2014~)

 

世界は一冊の本(長田弘)

 

本を読もう。

もっと本を読もう。

もっともっと本を読もう。

 

書かれた文字だけが本ではない。

日の光、星の瞬き、鳥の声、

川の音だって、本なのだ。

 

ブナの林の静けさも

ハナミズキの白い花々も、

おおきな孤独なケヤキの木も、本だ。

 

本でないものはない。

世界というのは開かれた本で、

その本は見えない言葉で書かれている。

 

ウルムチ、メッシナ、トンプクトゥ、

地図のうえの一点でしかない

遙かな国々の遙かな街々も、本だ。

 

そこに住む人びとの本が、街だ。

自由な雑踏が、本だ。

夜の窓の明かりの一つ一つが、本だ。

 

シカゴの先物市場の数字も、本だ。

ネフド砂漠の砂あらしも、本だ。

マヤの雨の神の閉じた二つの眼も、本だ。

 

人生という本を、人は胸に抱いている。

一個の人間は一冊の本なのだ。

記憶をなくした老人の表情も、本だ。

 

草原、雲、そして風。

黙って死んでゆくガゼルもヌーも、本だ。

権威をもたない尊厳が、すべてだ。

 

2000億光年のなかの小さな星。

どんなことでもない。生きるとは、

考えることができると言うことだ。

 

本を読もう。

もっと本を読もう。

もっともっと本を読もう。

関連記事

「手をつなごう」

  「どこにでも行きます」と言って 色んな場で演奏をさせていただいてきまし

記事を読む

嬉しい再会、そして、次へ。

三重県PTA連合会で「いのちと夢のコンサート」。 PTAの全国大会のフィナーレ企画をさせていただいた

記事を読む

岡山 就実中学・高校

会った瞬間から、元気な校長先生だった。教頭先生やコンサートの準備担当の先生のあたたかい雰囲気の、理由

記事を読む

100回目

100回目の ツィンマーマンの夢コンサートについて。 コンサート当日は朝日新聞

記事を読む

メッセージを感じながら歌うことについて

佐賀県にある県立病院「好生館」の緩和ケア病棟(ホスピス)では、 毎週金曜日になると地域の方

記事を読む

♪ やさしい空

https://www.youtube.com/watch?v=_XN8Iwp9wEM 2015年

記事を読む

田舎っぺ、東京へ

<img class="alignnone size-medium wp-image

記事を読む

越えてゆけ

https://www.youtube.com/watch?v=MCSUBKvUOzo[/embed

記事を読む

no image

どうか無事に、歌い切れますように

今日は小学校で演奏。 明日は中学校で演奏。 明後日は大学で演奏。 一回一回、必ず学びがあります。 内

記事を読む

今年60歳のお父さん。 いつも夢見がちで、 家族に心配をかけながら、 親戚には「ドリー

記事を読む

  • 「Dream&Dream~夢をつなごう~」
    (音楽之友社)
    弓削田健介作品集(CD&楽譜)

  • 「しあわせになあれ~いのちと夢のコンサート」
    (教育芸術社)

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑