*

トキワ荘と、環境作り

公開日: : ゆげ日記(2014~)


トキワ荘を見に行った。日本の漫画家の聖地。

手塚治虫、藤子不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎などが暮らし、共に磨きあった伝説の舞台だ。僕にとっての入り口は、F先生。先生が後進に残した創作のためのヒントは、作曲家にも役に立つものばかりだ。
トキワ荘の住人たちは、それぞれの四畳半の部屋で漫画を描くことに没頭し、締め切りを終えて暇ができた人が、連載に終われて大変な仲間の部屋に応援で描きに行くなど、助けあいながら、切磋琢磨して腕を磨いたそうだ。

人気が出て連載を掛け持ちしている時なんかは、三日間寝ないことも多々あったそうだ。
藤子不二雄コンビは、すぐに人気が出たが、一度帰省した時に気が抜けてしまい、締め切りをたくさん落としてしまい、一年くらい干されたことがあったそうだ。田舎からでてきて、東京で売れ、めまぐるしい日々を送っていたので、田舎に久しぶりに戻った時に、どっと疲れが出たのか。どうしても描けず、毎日届く電報に怯えながら、どんどん落として行く締め切りの山。
トキワ荘と、この藤子不二雄コンビのエピソードから、僕は「環境」について考えさせられた。トキワ荘は、描き続けるための環境が整っていたのだ。描くしかない。余計なことを考える暇もない。仲間がいる。締め切りを迫ってくる雑誌の編集者たちもやってくる。

いっぽう、故郷は違った。気を抜き、ほっとして…という時間の感覚に加えて、締め切りを迫ってくる編集者もいない。
自分に置き換えるとどうだろう。一番大切なことに没頭、集中できる「環境」を、整えられているだろうか。「環境」に頼らなくてもいい、自制心、集中力、意志力のある人はいいだろうが、自分のような怠け者は…
いま、この時代、ましてや旅ばかりしている自分は一箇所の「トキワ荘」に住むことはできない。だけど、工夫とアイデアで自分だけの「トキワ荘」と呼べる環境は作れるのではないか。
みなさんはどうですか?

一番やるべきことに没頭できる環境を、作れていますか?

関連記事

一緒にミュージカル

ミュージカルで 輝く子どもたちをたくさん見てきました。 最初はもじもじしていた子も、

記事を読む

手をつなごう

「どこにでも行きます」と言って 色んな場で演奏をさせていただいてきました。

記事を読む

雪の降る朝。

雪の降る朝。 熊本県御船町にある小学校で、 コンサートでした。 卒業式まで

記事を読む

【作曲家の先輩】

アミ先生は、作曲を担当させていただいている 「ティーンズミュージカルSAGA」(TMS)の

記事を読む

三重県伊賀市の中学校にて

たった今、 11月の演奏18件を 無事、歌いきることができました。 昨日は北九州と

記事を読む

日本最西端

日本最西端にある、与那国島。 生徒17人の与那国中学校でコンサートでした。 島を案内して

記事を読む

【僕の夢です。】

日々のどんな活動も、 この一つの夢につながっています。 歌を歌うことも好きですし、 イ

記事を読む

二泊三日で、韓国

二泊三日で、韓国に行ってきました。 福岡から飛んだら、めっちゃ近い! ある素晴らしい

記事を読む

  僕が去年買ったもので、 一番良かったモノは、これ。 小さいギター

記事を読む

no image

金沢にて

金沢に来ました。 こんなに遠い町で 音楽を聴いてくださり こうしてコンサートに 呼んでいただ

記事を読む

PAGE TOP ↑