「ゆげ日記(2014~)」 一覧

日記



弓削田健介
作曲家。主に教育現場で使われる合唱曲やミュージカル曲を作曲。全国を旅しながら年間150~200回のコンサート&各地の合唱団に楽曲を提供しているスタイルから「放浪の合唱作曲家」と呼ばれることも。

LINE@配信中!
「旅から得た気づき」を音声でお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。

友だち追加

みんなで、時間を忘れて。

2017/06/10  

フルティとアミさんが家に来て、「フルティ&ゆげちゃん」の原稿書きと、 ミュージカルの伴奏の録音。 1人ではキツイ作業も、みんなでワイワイすると、楽しい。 なんでも、1人でしようとせず 今日みたいに楽し ...

嬉しい再会、そして、次へ。

2017/06/06  

三重県PTA連合会で「いのちと夢のコンサート」。 PTAの全国大会のフィナーレ企画をさせていただいた時、ご挨拶に伺った事務局のみなさん、そして「61人の坂本龍馬プロジェクト」の三重県代表で盛り上げてく ...

no image

帰宅

2017/06/06  

12日ぶりの自宅。今回の旅では、日記を、全然書けなかった。次の日の準備、次の日の準備、で流されてしまった。充実はしていたけれど。これからの一週間の佐賀時間を彩りのある毎日に。 弓削田健介 作曲家。主に ...

Ahiko drums アシコドラム

2017/05/24  

アシコは、西アフリカ、ナイジェリア発症のの片面太鼓。 この音に出会ってアレンジがめっちゃ進んだ。 ありがたい。   弓削田健介 作曲家。主に教育現場で使われる合唱曲やミュージカル曲を作曲。全 ...

no image

ミュージカルのレッスンを観て

2017/05/24  

ミュージカルのレッスンの見学に行った。いまみんなは、東京での公演に向けて、汗をかいているところだ。汗をかかずに、達成できることなんて、あるんだろうか。あっても、そこに喜びはあるのかな。汗をかこう、自主 ...

メイキング・オブ・グレイスランド

2017/05/22  

ポールサイモンの「グレイスランド」のドキュメンタリーを観る。 アパルトヘイト政策がまだ解かれていなかった頃の南アフリカに行き、現地のミュージャント共に、アメリカのポップミュージックもアフリカの音楽を融 ...

岡山 就実中学・高校

2017/05/19  

会った瞬間から、元気な校長先生だった。教頭先生やコンサートの準備担当の先生のあたたかい雰囲気の、理由がわかったような気がした。とても素敵な学校だった。岡山市の、就実中学・高校。 100年以上前に、地元 ...

岡山到着

2017/05/17  

岡山駅に着いた。 1月のシンフォニーホールでのコンサート以来、4回目の岡山だ。 あの時聴いてくださった方からのお問い合わせが、今日もあったそうだ。 本当にありがたい。 移動の新幹線ではポールサイモンの ...

火に油をそそぐ仲間

2017/05/16  

「越えてゆけ」を新たにアレンジし直している。 中学生がもっと楽に歌えるようなアレンジを、ということで、 思い切って一番はユニゾンで。 楽譜も2ページ半におさめなければ。 アフリカンビートの勉強と並行し ...

音色の勉強からはじまる

2017/05/15  

アレンジの作業をしていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。 たくさんある音色を選ぶところからスタートするのだが、 今回のアフリカアレンジは、まず知らない楽器を勉強するところから始まるので、一つ一つ ...

Copyright© 世界を旅する音楽室 , 2018 All Rights Reserved.