未分類

台湾3日目

投稿日:2017年7月1日 更新日:

日本の通勤ラッシュを覚悟して、朝7:30に電車に乗り、台北日本人学校の合唱コンクールへ。
今日は、慣れない審査員という任務と、10分間の講評をしなければならない。
慣れないことはドキドキするが、そういう新しいことが楽しい。

会場につくと、お母さんたちが看板を持って立っていた。
お母さんは日本でも台湾でも、早起きだ。
台湾の日本人会の方や学校の評議委員の方々と挨拶をしたり、会場で5分くらいのリハをしたり。
マイクはスピーチ用、スタンドは曲がらないタイプなので両足で挟むような格好でピアノを弾く。
右手と左手の間にスタンドが立ちふさがっているのだが、これまでも何度も、訪れたピンチだ。
どんな状況でも心を込めて歌うだけだから、痛くも痒くもない。

ホール中に響き渡る子どもたちの歌声は、いつ聴いても涙が出る。
特に、今日の、台湾の子どもたちの、まっすぐな歌声、まなざしには、終始やられっばなしだった。
感動はエネルギーになる。

講評では、下手くそな歌を歌いながら、メッセージを伝えることの大切さと、歌が生まれる背景について、少しだけお話しさせていただいた。
子どもたちは、この人誰だろう、と思っただろうな。
いきなりでてきて、歌いだすんだから。
でも、いつかきっと、また会えるよ。その日までお互いがんばろう。

合唱コンクールを終えて、今回のスペシャルな台湾案内人、馬岡さんに連れられて、スペシャルな台湾の観光へ。
自分だけでは絶対に行けない場所に、次から次へと案内いただく。

頭もお腹も栄養でいっぱいになったあとは、夏川りみさんの台湾コンサートへ。
きれいな歌声とはこういう人のことを言うのだな。
きれいすぎて、この歌声ならずっとバラードでもまったく飽きない。
それでも沖縄の音楽を途中で入れて盛り上がったり、一緒に歌ったり踊ったり。
あっという間の時間だった。
夏川りみさんに歌っていただけるような歌を、作れたらいいな。
前から思っていた小さな夢の灯りが、今日、大きく揺れはじめた。

人気の記事

1

目次1 立志式の歌「次の空へ」2 歌詞の内容は「感謝」と「決意」3 参考動画4 「立志式」の歌を、ご検討の先生方へ (作者より)5 この曲もオススメ! 立志式の歌「次の空へ」 かつての元服の年にあたる ...

2

子どもたちが10歳になる、小学校4年生の行事として、最近増えてきている「2分の1成人式」。「どんなときも」はおうちの人や、友達、先生に「感謝を伝える歌」です。 目次1 「ありがとう」を伝える歌詞2 試 ...

3

世界を旅する音楽室(歌詞) (1番) みんな集まれ ワクワクはじまるよ なないろの歌に出会える教室 魔法のピアノで 輪になって歌おう メロディの翼に乗って どこまでもゆけるよ モーツァルトも ベートー ...

4

目次1 旅立つ君へ(歌詞)2 作者からのメッセージ3 この曲もオススメ!「越えてゆけ」 旅立つ君へ(歌詞) (1番) 君は夜明けの空へ 今旅立つ 胸に宿した消えない思いを抱いて 別れの切なさや 明日の ...

-未分類

Copyright© 世界を旅する音楽室 , 2018 All Rights Reserved.